妊娠中期にずっと手放さなかったもの!

 

妊娠中期の頃、おでかけするのに毎回欠かさなかったのが『保険証』と『母子手帳』。
いざ出先で何があるかわからないじゃないですか!
やはり妊婦はいくら妊娠中期で調子がよく感じていても、いつ転倒などで体調を悪くしたりするかわかりません。
そんな時に、出先に保険証を持っていかないと、医療費の心配ばかりしてしまいます。
そういうことを考えないでも済むように、私はよく保険証を持ち歩いていました。
特に旅行先には、忘れて行く人もいますが、保険証はいざという時に役立ちますので、絶対にもっていくことをおススメします。
妊娠中期になってくると、調子が良いから、ついついはめをはずしてしまう人もいますからね。
そういう人が、うっかり体調を崩してしまうと、やっぱり、それだけ現地で病院にかかることになってしまいます。
その病院によっても、全く対応が違ってきますが、やはり保険証を持って行って困らないことはありません。
後日に保険証のコピーを郵送とか、面倒ですからね。
イチイチ旅行先などで、そうした面倒なことに悩まされることがないので、保険証はすごく大事です!
また、万が一赤ちゃんに何かあった時にも、やっぱり母子手帳がある方が、安心ですね。